食ワークス山王

土壌づくりから始める減農薬栽培EM菌を使ってエコで美味しい味目指す


「元気な土壌が、美味しい野菜をつくる」という理念のもと、ワークス山王の野菜づくりは土づくりから始まります。農業支援員の大坪雄蔵さんが試行錯誤して行きついたのが、鶏糞たい肥と「EM菌」を組み合わせた肥料を使うこと。土中の微生物の働きが活発になり、ふかふかで元気な土になるといいます。そのため、減農薬でも害虫に強く、美味しい野菜が育つそうです。
春はタマネギ、夏はキュウリやカボチャ、冬は葉ものと年間を通じた露地栽培で、収穫した作物は、スーパーモリナガ小城店や道の駅大和「そよかぜ館」、事業所でも販売しています。
出荷も消費者目線を重視します。例えば収穫のタイミング。夏の黄瓜は、食べごろの完熟しはじめの時期を逃さず収穫し、すぐ店頭に。美味しさは口コミで評判になったといいます。また「見た目も重要」と、野菜の長さや向きをそろえた袋詰めにも神経を注ぐなど、他社には真似できないここならではの商品づくりを模索しています。

お知らせ

現在のお知らせはありません。

おすすめ商品

現在の商品情報はありません。

農業支援員大坪雄蔵さん。EM菌を使い始めて、さらに土が健康になりました。虫も少なく、野菜自身の力で元気に育っています。皆さんの食卓に美味しい野菜を届けられるよう研究を重ね、これからは珍しい野菜や果物づくりにも挑戦していきたいです。
Information
住所
佐賀市大和町大字久留間3032
電話番号
0952-51-2718
FAX
0952-51-2841
営業時間
8:30~16:45
備考
休日/日曜
アクセス

大きな地図で見る