食ともしび

お弁当に、おつまみに キクラゲ入りの新食感 6次産業化進め、新商品続々


「長く親しまれる食品を開発したい」という思いから、事業所で栽培するキクラゲの6次産業化に踏み切ったともしび。第一弾は、練り製品加工の老舗・野中蒲鉾とのマッチングで実現した、「きくらげ入りミンチコロッケ」です。
地元で広く食べられている、同社の主力商品「おさかなミンチコロッケ」に注目し、企画を提案したところ、市場に出るキクラゲの9割以上が中国産の乾物であることから、「県産で安心。生ならではの歯ごたえの良さが新鮮」と担当者に高評価を得ました。県産タマネギ入りの魚のすり身は、フライパンなどで温めると、外は香ばしく、中はふんわり。小さくカットして混ぜ込んだキクラゲが、コリッと食感のアクセントになります。
佐賀市鍋島のハウス内で菌床栽培するキクラゲは、「温度と湿度管理に注意すれば、安定的に収穫できる」と江頭邦子理事長。キクラゲ入りのしゅうまいやてんぷらなど、第2弾、第3弾の発売を見込み、着々と準備を始めています。

お知らせ

餅つき会を行います

餅つき会を行います

ともしびでは明日28日(土)に餅つき会を行います。[more]

2013年12月28日

おすすめ商品

現在の商品情報はありません。

NPO法人「ともしび」江頭邦子理事長。キクラゲは栄養価が高く、鉄分はレバーの3倍、カルシウムは牛乳の3倍、食物繊維やコラーゲンも多く含まれるといわれています。そして、いろんな料理に合う食材です。商品開発はもちろん、レシピの研究も進めて美味しさを広めていきたいです。
Information
住所
佐賀市鍋島町森田2075-1
電話番号
0952-37-8575
FAX
0952-37-8675
営業時間
10:00~17:00
備考
休日/土曜、日曜、祝日
アクセス

大きな地図で見る